Youtube収益化 2018年2月20日からの新基準について

はい、またやってきましたYoutubeのテコ入れ。

Youtubeで動画を投稿するクリエイターが

収益を受け取ることができるようになるプログラム

「YouTubeパートナープログラム」への参加基準が

2018年2月20日から新しく変更されることになりましたね。

 

2017年4月には総再生回数が1万回に満たないチャンネル上では広告を表示しない

といった変更がありましたが、

総再生回数が1万回以上の動画でも広告が表示されないといった事例も多く、

まだまだ不安定で運要素が求められるし

今後もテコ入れしてくるだろうなYoutubeは。

 

新基準はこの2つ!

 

「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」

「チャンネル登録者数が1000人以上」

つまり基準を満たさない弱小チャンネルはYouTubeから収益を得られなくなるってこと。

 

新しくYouTubeというコミュニティに参加しようとしているユーザーを

これまで以上にしっかりと検査するために、

YouTubeパートナープログラムへの参加基準を変更するとのこと。

この背景にはローガン・ポールの炎上騒動も関係しているみたい。

 

これによって何がどう変わるのか?

まずは新規チャンネルの収益化までの道のりが険しくなるため、

これからYoutubeアドセンスを始める人にとっては

しばらくの間収益を得られないままチャンネルを育てていかないといけないので

モチベーション維持が大変になりそうですな。

そして条件をクリアしても審査待ちが続いているので、

すぐに収益を得られるわけではありません。

まぁ順番待ちってことですな。

一応4月末までには審査が完了する見込みとのことなので、

またその頃にお知らせします。

 

個人的な意見としてはネットビジネス初心者は最初からYoutubeをやるのではなく、

堅実に稼げるカメラ転売である程度稼げるようになってから

Youtubeに挑戦することをおススメします!

新基準を満たすまでは無欲でやらないと精神衛生上よくないので。